スターバックス、コーヒーセミナーに参加しました。




 先日は、スターバックス淀屋橋odona店で行われました、「コーヒーセミナー おいしい入れ方 クリスマス編」に行ってきました。

 店内の小スペースに8人ほどの参加者で行われました。

 コーヒーは毎晩飲みながら、事務作業を行うのでとても愛飲しているのですが、それほど詳しいわけでもありませんし、詳しく説明できるわけでもありません。
 ですので、こういうセミナーには一度参加して、コーヒーの奥深さを知ってみたかったのですが、やっと参加することができました。

 基本4つのセミナーがあるのですが、今回は基本的なコーヒーについての講座でした。
 
 内容としては、下記のとおりです。

 1.コーヒーの木から一杯のカップまで
 2.コーヒーのおいしいいれ方と味わい方
 3.コーヒーを楽しむ

 コーヒーは4種類ほど頂きましたが、要は焙煎の仕方で味が変わるということで、スターバックスでは3つのローストレベルに分かれています。

 浅煎りから深煎りになるにつれ、味に苦みが出てきます。
 こうやって味を見比べると確かに酸味の利いたコーヒーと苦みの強いコーヒーでは全く味が変わります。
 そして、同じ酸味が強いものでも、後味として舌に苦みが残るものや、飲み終えた後さっぱりしているものまであり、コーヒーを味わう楽しみも少しわかった気がします。

 また、最後はデザートと一緒にコーヒーを味わいました。

 出てきたものは、下記の2種です。

 クリスマスということでドイツで12月のクリスマスシーズンに食べると言われる洋菓子の「シュトレ」と「クランベリーブリスバー」でした。

 これらの共通点として感じたのは、中にドライフルーツが入っていること。
 これを口の中で味わいながらコーヒーを飲むとコーヒーの味も変化し、なお且つ最後にドライフルーツが残り、さまざまな味の変化が楽しめる訳です。

 なかなかコーヒーの楽しみ方も奥が深いですね。勉強になりました。

 

 最後にセミナー受講者にプレゼントがありました。
 今回はクリスマスバージョン限定ということで、手帳とく知るますブレンドのコーヒー豆を頂きました。

 

 まだ3回受けてないのがあるので、全部受けてみたいと思います。

Follow me!




Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.